Vライン 脱毛 黒ずみ

 

 

Vラインの処理法

「ビキニパンツや下着のラインまわりのいわゆる「Vライン」の処理は難しい!」と思っているひとは少なくないと思われます。

 

Vラインの処理は身だしなみのほか衛生のためにも必要な作業です。
Vラインの敵であるアンダーヘアは他のむだ毛と違って太くて硬いので、はみ出ないように処理していきたいところですね。

 

きれいに処理するにはいくつかの方法があります。

一番てっとりばやいのがカミソリ。

最近では肌の強くない女性向けに作られた専用カミソリが定着し、肌を守りつつシェービング出来る安全設計のものが主流となっています。ヘッドは細かくスウィングしカミソリ負けや深剃りしないようになっていますので、コストパフォーマンス的に楽担ってきていると言えます。とはいえ、間違った剃り方は毛嚢炎や埋没毛の原因となり、黒ずみを誘発します。
また、毎日のカミソリは肌に負担を与え痛めつける原因になるので厳禁です。

 

ふたつめにおもいつくのははさみや線香などによるアンダーヘアのカット。

伸びたアンダーヘアの水着や水着ラインからはみでた部分を切ったり焼いたりして処理します。
特に日本では古来、お線香で余分なアンダーヘアを焼き切って処理する習慣があります。はさみでの処理はもっと安価ですが、毛先のちくちくかんがあることが弱点です。
一方、ヒートカッターやお線香では、切った後の毛先が丸くなりちくちくしないうえ肌を傷つけないメリットがありますが、処理に時間が掛かることと毛の焼ける臭いが気になるという側面もあります。

 

おすすめできないのが毛抜き。

毛抜きで毛を抜くのはVラインの場合は余りおすすめしません
なぜならばアンダーヘアの当たりの部位は皮膚が弱いため、毛を抜くと深く皮膚に埋もれて成長する埋没毛になってしまい、のちのちVラインの見栄えの悪さにもつながってきます。

 

また、除毛クリームも、Vラインなどですと刺激が強すぎて肌荒れの原因となりかねないデメリットもあります。

 

そして最近注目されているのが、家庭用に作られた脱毛器による永久脱毛です。

最近は性能もよく安価になりエステサロン並みのことが家に出来るといわれています。
現在主流のレーザーや、フラッシュ式の家庭用脱毛器は、光の力で毛根にダメージを与えて毛の再生機能をなくすことで脱毛を可能にします。
もちろんデリケートなVラインにも対応しており、太く固いアンダーヘアのボリュームを落とすことも出来ます。

 

いろいろありますがコストと肌の質、時間と相談しながら選んでいくと良いでしょう。

Vラインの処理は気をつけて

Vラインの処理で一番気をつけたいのは、Vラインのデリケートで敏感な肌の体質です。

 

Vラインという部位は普段から下着の摩擦や引き締めなどで肌の状態が非常に悪く、雑菌も入りやすいため、処理を間違えると肌荒れや黒ずみ、毛嚢炎や埋没毛の原因となります。
特に一番危険なのは毛穴に雑菌が混入してしまうことです。
無理矢理抜くと毛穴が大きく開いてしまい汗や雑菌が入ってしまうと毛穴の奥の毛根を包んでいる袋状の部分に細菌が感染して毛嚢炎や皮膚の奥に潜って生える埋没毛となってしまい、場合によっては炎症を起こしてしまい医師の診断が必要な可能性があります。

 

自己処理を行う際にはその道具や機器がVラインに対応しているかどうかを確認する必要があります。
そして実際に処理する際も肌を痛めつけたり負担を掛けないように注意したい物です。
どの自己処理の方法に共通しているのは、頻繁に処理を行わないことです。頻繁に処理を行うことで肌に大きな負担を与えてしまい、メラニン色素の沈着を促してしまう可能性があります。

 

自己処理でしてはいけないのが毛抜きの処理です。
毛を抜くと出血やニキビなどの炎症を引き起こすうえに、皮膚の下に毛が埋まってしまう埋没毛の原因にもなります。埋没毛はレーザー治療やフラッシュ脱毛でもなくすことができないのでVラインが見苦しい原因になってしまいます。

 

また、脱毛クリームはVラインにとっては刺激が強いものがおおいので、選ぶには細心の注意が必要です。
カミソリの処理にも大きな注意点があります。一つはカミソリ負けしないようクリームや石鹸、シェービングフォームなどを塗り直接肌を剃らないようにすること。もう一つは毛の流れに逆らったさかぞりをしないこと。これらを守らないと肌を傷ついたり乾燥しやすい肌になってしまうことで、色素沈着による黒ずみや埋没毛などのトラブルの原因になります。

 

また線香やはさみでカットして処理する際には、肌を傷つけないように清潔にするなど細心の注意を払う必要があります。
しかし自己処理によるVラインの処理には限界があり、どうしても黒ずんだり色素沈着を起こしてしまう可能性をなくすことは難しいといわれています。
どうしても完全に綺麗なVラインを保ちたいのなら専門のエステなどを利用するのも一つのテだと言えるでしょう。医療や美容の知識に長けた専門の人間に処理をお願いすることで安心できますし、理想のVラインの希望を相談できるメリットもあります。

 


Vライン脱毛器

  1. Vラインは家庭用脱毛器でお手入れできるの?
  2. Vラインに適応する脱毛方法の種類
  3. Vラインに家庭用脱毛器を使う前の準備と後のケア
  4. Vラインに使用する家庭用脱毛器の本体価格とランニングコスト
  5. Vラインの家庭用脱毛器の口コミ評価をチェックしてみよう

 

Vラインは家庭用脱毛器でお手入れできるの?

水着を着るシーズンが近づくと、少しずつvioのムダ毛のお手入れを進めていく方も多いことでしょう。

 

海やプールに出かける前日にいきなりvioの自己処理をすると、皮膚が薄くて弱い部位であることから赤みになったり腫れてしまうこともあるため、少しずつ始めて慣れていった方が肌トラブルを回避することができるからです。

 

vioのムダ毛のお手入れはカミソリや毛抜きなどで自己処理をする以外に、エステサロンやクリニックのvio脱毛コースに通ったり、自宅で家庭用脱毛器を使う方法などがあります。

 

vioは皮膚がデリケートなので、自己流のやり方で行うと肌にダメージがかかってしまう心配もありますが、家庭用脱毛器を使用することは可能なのでしょうか。

 

いろいろな家庭用脱毛器が市販されていますが、取扱説明を読んでみるとそれぞれに違いがあります。

 

基本的にvioのお手入れは避けるようにという機種と、IラインとOラインは処理できないがVラインだけはOKな機種があるようです。

 

 

家庭用脱毛器によっては、毛の黒色に照射する光が反応することで脱毛できるという仕組みのタイプがあります。

 

Vラインは自分で見ることができますが、IラインやOラインは見ずらく、さらに皮膚が繊細であることから、色素沈着をして肌色が黒ずんでいることもあります。

 

光を照射したときに皮膚の黒ずみに作用してしまうと、ムダ毛の黒色だけでなく肌の色に反応し、ヤケドなどの肌トラブルが生じる可能性もあるため、使用を禁止していると考えられます。

 

 

家庭用脱毛器を使用できないからといって、アンダーヘアのムダ毛処理をあきらめなければいけないというわけではありません。

 

クリニックやエステサロンにvio脱毛コースがありますから、専門家に施術をしてもらうのも選択肢の一つです。

 

 

体毛の中でも生えている部位の皮膚が弱いvioなどのお手入れは、できれば自己処理を繰り返すのではなくクリニックやエステサロンでプロに任せた方が美肌を守ることができます。

 

家庭用脱毛器を使用する場合は取り扱いの説明をよく守り、Vラインの使用が可能かどうかを確認して購入することを忘れないようにしてください。

 

 

▲メニューに戻る

Vラインに適応する脱毛方法の種類

エステサロンやクリニックでVラインの脱毛をしてみたいけれど抵抗があるという方には、家庭用脱毛器があります。

 

エステやクリニックの脱毛にはいくつかの種類があり、家庭用脱毛器も全て同じというわけではありません。

 

どの種類の家庭用脱毛器を選んだらVラインのお手入れにあっているのか、適応する種類を知った上で、ぜひあなたにあったものを選ぶようにしてください。

 

 

Vラインのお手入れに適した種類は、主に2タイプあります。

 

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛です。

 

 

レーザー脱毛はクリニックで使用されているもので、医療機関では高い出力での施術が法律で認められています。

 

Vラインのムダ毛の自己処理から解放されたければ、永久脱毛ができるレーザー脱毛をクリニックで受けることになるでしょう。

 

 

永久にムダ毛が生えてこなくなるため、その分施術中に痛みをともないます。

 

クリニックでは、調整を行うなどして痛みを抑えるようにしてくれます。

 

それでもVラインの痛みに耐えられないかもしれないという方は、あらかじめ麻酔の使用を行っているクリニックを選んでみてはいかがでしょう。

 

 

フラッシュ脱毛は、エステサロンや家庭用脱毛器で使用されている技術です。

 

Vラインのムダ毛を減毛させ、新たに生成されにくくしたり、薄くするなどの効果が期待できます。

 

ムダ毛を作っているところを毛乳頭といい、フラッシュ脱毛によってIPLという光をムダ毛の黒色部分に照射することで、毛を生成する機能を阻害します。

 

 

Vラインは皮膚がデリケートで薄いことから、脱毛による痛みが特に強烈なものなのですが、
フラッシュ脱毛は痛みが少ないというメリットがあります。

 

また、照射できる面積が広いことから、多くのムダ毛を一度に施術できるので、スピーディに進めていくことができます。

 

 

家庭用脱毛器、エステサロン、クリニックのいすれを選ぶとしても、1回脱毛をしただけでは全て完了ではありません。

 

生えているムダ毛にのみ作用し、肌の中でこれから生えようとしている毛や、自然に抜け落ちてお休み中の毛もあるからです。

 

 

それらは、時間が経てば生えてきます。

 

生えてきたときに施術を行うという作業を何回か繰り返して、完成させていきます。

 

この先何回か施術を繰り返すことを考えて、どの方法があなたにあっているか選んでみてください。

 

 

▲メニューに戻る

Vラインに家庭用脱毛器を使う前の準備と後のケア

家庭用脱毛器はVラインなどのデリケートゾーンのお手入れが自宅でできるので、多くの方から選ばれています。

 

女性はもちろんのこと、エチケットとしてヒゲなどに使用する男性も多く、家庭用脱毛器の愛用者が増えています。

 

 

家庭用脱毛器を使用する前に適切な準備をすれば仕上がりがキレイになりますし、お手入れ後のケアをしっかりすることで美肌を保てます。

 

今回は、Vラインのムダ毛処理の前と後にすべきことをご紹介していきます。

 

 

ムダ毛に光を照射すると毛の黒色に反応することが、家庭用脱毛器でムダ毛を処理できる仕組みです。

 

そのため照射した光がしっかり行き渡るように、ムダ毛を少し残した状態で余分なところを除去しておく必要があります。

 

1〜2mm残るくらいが、目安の長さです。

 

 

シェーバーやカミソリなどを使用する場合、ムダ毛が少し残させるために、家庭用脱毛器を使用する当日ではなく、少なくとも前の日までに処理しておいてください。

 

ムダ毛の自己処理するアイテムとして毛抜きも便利なのですが、毛根から除去されてしまうためムダ毛の黒色までなくなってしまいます。

 

毛抜きは使用しないようにしましょう。

 

 

家庭用脱毛器を使う前は、清潔に施術ができるよう消毒をするか、軽く洗浄します。

 

保冷剤やアイスノンなどを用いて、家庭用脱毛器を使用する前と後に冷やすことをおすすめします。

 

家庭用脱毛器はVラインに限らず全身に使用できるものですが、Vラインは特に繊細な部位であるためです。

 

市販の保冷剤やアイスノンを自分で準備しなくても、家庭用脱毛器によっては購入したときにセットでついてくる商品もありますから、その場合はそちらを使用してください。

 

 

冷却をすると、毛穴が開きにくくなるメリットがあります。

 

脱毛をした直後は特に肌が熱いと感じないかもしれませんが、場合によっては時間が経過してから熱くなるケースもありますので、保冷剤などでクールダウンしましょう。

 

 

脱毛をした晩はお風呂に入ってもVラインをゴシゴシこすり洗いせず、お肌に負担がかからないようにすることです。

 

開いている毛穴から雑菌が侵入しないように、湯船につからないことです。

 

 

施術をしたことで乾燥しやすくなっていますから、保湿ケアを行いましょう。

 

いつも顔に使用しているお手持ちのクリームや乳液でもいいですし、専用に市販されている保湿クリームや化粧水を使っても保湿ができればOKです。

 

 

▲メニューに戻る

Vラインに使用する家庭用脱毛器の本体価格とランニングコスト

Vラインのムダ毛処理はエステサロンやクリニックにコースがありますが、デリケートゾーンであることから自宅でセルフケアできるのが理想的でしょう。

 

こんなときに便利なのが、自宅でいつでも予約なしにお手入れできる家庭用脱毛器です。

 

 

家庭用脱毛器と一言で言っても、本体価格を見てみるとかなりの差があることに驚いてしまいます。

 

Vラインなんて狭い範囲のお手入れだから、あまり高額商品でなくてもいいと思われるかもしれませんね。

 

しかし、家電というのは本体価格よりもランニングコストがかかってしまう場合がありますので、購入してからどのくらいの出費があるかも含めて検討をする必要があります。

 

 

有名な家庭用脱毛器として、AとBを比較してみましょう。

 

Aは本体価格が9万円台もしますが、照射できる回数のショット数が約50,000発もあります。

 

1発の照射の値段は、0.15円の計算です。

 

 

Bは本体価格が約40,000円でAよりも大幅にお手頃ですが、約750発のショット数しかありません。

 

1発あたり、7円もかかります。

 

 

ショット数を使い切ってしまったら本体を買い替えなければいけないわけではなく、カートリッジを新しく購入し交換すれば使い続けることができます。

 

Aのカートリッジの代金は7,700円、Bは5,250円なのでAの方が高いのですが、1回購入すれば長く使い続けられることを考えると、実際にはどちらがお得でしょうか。

 

 

Vラインだけでなく全身のムダ毛処理を家庭用脱毛器でするつもりなら、本体価格が高くても、ショット数が多い方が総合的に安いということになるかもしれません。

 

さらに、家庭用脱毛器によって照射範囲がバラバラなこともチェックすべきポイントです。

 

 

照射範囲が広ければ、1ショットで脱毛できるムダ毛の本数が多いことになります。

 

お手入れにかかる時間も短くなるので、ムダ毛処理が面倒でなくなることにもつながります。

 

 

Aは本体価格が9万円台もすると上記に記載しましたが、よくキャンペーンを実施しており、70,000円前後にプライスダウンしていることもあります。

 

キャンペーンを上手に利用することで出費を抑えられることも踏まえた上で、家庭用脱毛器を選んでみてください。

 

 

▲メニューに戻る

Vラインの家庭用脱毛器の口コミ評価をチェックしてみよう

最近はインターネットに利用者が積極的に投稿するので、家電を購入するときに参考にされている方も多いことでしょう。

 

家庭用脱毛器もその一つで、検索をしてみると実際に買って試してみた方が率直な感想をアップしてくれています。

 

 

Vラインに使用する家庭用脱毛器は肌への負担がやさしいことなど、重要視したいポイントがいろいろあります。

 

使ってみた口コミ評価でデメリットとしてあげられていることは、どこまで参考にすればいいのでしょう。

 

 

家庭用脱毛器でよく見られる評価として、本体価格の高さがあげられます。

 

できれば安くゲットしてキレイな素肌に仕上げられるのが理想的なのですが、脱毛は1度のお手入れで永久に効果が長続きするものではありません。

 

毛量を減らすだけでも、何回か繰り返し使用することになります。

 

 

そのため、照射するときに大きな音が鳴るというタイプは、特に仕事や家事、学校が終わってから深夜などに使いたい方にとっては気になるポイントかもしれません。

 

照射時の音がさほどうるさくない家庭用脱毛器もありますので、夜中でも、赤ちゃんが近くで寝ていても安心して使用できる機種を選ぶことはできます。

 

 

1回照射をしてから次のショットをするまでに、充電をするための待ち時間というものがあります。

 

この時間は短いタイプは、どんどん作業を進めていくことができますので、1度のお手入れに要する時間がとてもスピーディになります。

 

待ち時間が長いタイプを使ってから速いタイプに買い替えると、とても快適であることを実感されるようです。

 

 

家庭用脱毛器を購入したときにはカートリッジがついてくるのですが、ある機種は約50,000発も照射できるのに対し、別の機種は約750発しか使用できません。

 

そうなると、いくら本体価格がリーズナブルだったとしても、頻繁にカートリッジを買い替えなくてはならないので面倒です。

 

カートリッジのショット数は購入前の商品情報に掲載されていますから、確認して比較してから選ぶことをおすすめします。

 

 

家庭用脱毛器によっては、照射時の痛みが強烈なタイプもあるようです。

 

痛いけれど脱毛効果が高いからいいという方には、あまり気にならない情報かもしれません。

 

痛くて脱毛効果も低いということでは問題がありますので、効果についても同時に確認しておきたいところです。

 

 

▲メニューに戻る